スマホ&タブレット買取情報 スマナビ

スマホやタブレット情報満載のまとめサイト

便利だからこそ頼り過ぎちゃう!?デジタル健忘症に気を付けましょう。

頭を抱える男性最近では当たり前の様に利用しているスマホやタブレットなどのデジタルデバイス。しかし便利だからこそ気を付けなければいけない事があるんです。スマートフォンなどのデジタルデバイスに情報を保存することに安心し、その情報を忘れる傾向が年齢・性別を問わず見られるんです。この現象をデジタル健忘症と呼ばれています。

特にスマホやタブレットが普及しているヨーロッパでは成人の半数以上が子供や会社の電話番号を思い出すことができず、約3分の1が配偶者の電話番号を思い出せなかったと言う結果も出ています。

ヨーロッパだけでなく世界中のスマホユーザーの6割が物忘れがひどくなったと言うアンケート結果が出ています。デジタルに頼り切ると、右脳に支障をきたし、さらに記憶しなければいけないことをどんどんスマホにメモして済ませてしまうことにより、脳の機能もどんどん衰退していってしまいます。

さらにスマホ依存の人間は生産性を下げると言う調査結果も出ています。スマートフォンを作業机の上に置いた状態、スマートフォンをポケットやカバンに入れた状態、施錠した箱に入れ机上に置いた状態、部屋の外に出した状態という4つの異なる状況下での生産性を比べる調査を行った結果、スマートフォンを作業机に置いた時に最も点数が低く、参加者とスマートフォンの距離が離れるほど点数が上がり、スマートフォンを部屋の外に出した状態では作業机の上に置いた時よりも生産性がアップしたと言います。常にスマートフォンを使えるようにするのではなく、スマートフォンなしの時間帯を設けた方が仕事の生産性は向上するかもしれません。

近年ではどんどん技術がアップし、次々に便利なシステムを搭載したスマホが発売されていきます。便利だからこそそれに頼ってしまいがちになります。人間本来の性能を発揮する事が出来ずにどんどん脳の機能が低下していきます。便利なモノは素晴らしいですが、デジタル健忘症に気を付けて利用しましょう。