スマホ&タブレット買取情報 スマナビ

スマホやタブレット情報満載のまとめサイト

当たり前の様に使っているスマホは意外と歴史が深いってご存知でしたか!?

世界初のスマホ現在では世界中の人が当たり前の様に使っているiphoneやアンドロイドと言ったスマートフォン。日本では2人に1人のユーザーが利用していると言われています。流行り出したのはここ最近ですし、なかなかどの様に進化してきたか知っている人はほとんどいないと思います。今回はスマホの歴史や移り変わりについてご紹介したいと思います。

まずは世界初のスマホです。世界初のスマホが登場したのは1996年になります。1996年と言えば一般人が手が伸びないような高額な携帯電話に変わってPHSが普及し始めた時期です。世界ではもちろん世界でもモノクロの画面が一般的で、現在のカラーで画面で、タッチパネル操作と言う技術は一般的じゃありませんでした。そんな中で世界で初めて発売されたスマートフォンがヨーロッパで発売されたノキア(Nokia 9000 Communicator)と言う機種です。一般的なガラケーのような1~9、#、*のボタンを縦に並べたようなタイプではなく、ノートパソコンのキーボードを小型化したかのような横型の携帯電話でした。お気づきの方もいるかと思いますが、この記事の画像がそのノキアです。

スマートフォンの歴史の中で一番のターニングポイントと言えば1999年と言われています。ドコモがiモードのサービスを始めた時期なので日本では全然無縁ですが、この年に世界中で注目を集めたのがカナダで発売された「BlackBerry」と言う機種です。この端末の大きな特徴は、パソコンの様のメールが使用できるようになり、さらにインターネットのWEBサイトが見れるようになった事です。この機種が現在のパソコンと携帯が合わさったスマートフォンの始まりと言われています。

そして現在のスマホブームの最大の火付け役となったのが2007年に発売されたapple社のiphoneです。今では持っていない人の方が少ないほど当たり前の機種ですよね。当時はapple社で人気だったipodと言う音楽プレーヤーに電話の機能、カメラ、ネットなどをミックスさせた物を発売し、現在では当たり前になっているタッチパネルのスマホの先駆者的な存在になりました。

なかなか知られていないスマホの歴史。意外と深く、技術者たちの努力が詰まっているんですね。